シミ 美白 スキンケア

サイトトップ > ページ名

シミが出来る原因を確認しましょう

シミが出来てしまう原因の大半は肌の衰えと言われています。紫外線が原因でシミが出来てしまうプロセスは、実に簡単です。紫外線を肌に浴びると、紫外線から肌を守ろうとして、メラニン色素を作ってしまいます。通常メラニン色素は、役目を終えると剥がれ落ちて肌の外に出ていき、肌色が元の色に戻る事ができます。通常は、このサイクルで元の肌色に治まるのですが、年齢肌になると代謝が弱まってくるので、このサイクルが上手くいかなくなります。代謝が弱まってくると、肌の外に出ていけなくなり、肌に残ってしまいます。それがシミとなり、肌の色に残ってしまうのです。シミと無関係な肌になりたいのであれば、紫外線を徹底的に避けなければならない事になってしまいます。シミが出来る他の原因は、ストレスや喫煙、老化によるものなどがあります。紫外線だけでも大きな原因ですが、これに年齢や他の原因が加味していくと、余計に簡単にシミを作り出してしまいます。シミが出来るのは簡単なのに、いざシミが出来てしまうと、取り除く事は手間と時間が物凄くかかってしまいます。特に目の周りは肌が薄いため特に老化が表れやすいです。アイクリーム ランキングで紹介されている、お勧めのクリームをつけることで最低限のケアをすることが出来るので面倒になる前に、老化対策をしていき、シミと無縁な美白肌になれるようにしていきましょう。

紫外線による影響

紫外線を浴びると、メラニン色素を肌は作り上げてしまいます。多少のメラニン色素は必要ですが、一定以上のメラニン色素があると、排出が難しくなり、肌上に色むらを作ってしまいます。それがシミやクスミです。紫外線対策をして、紫外線をブロックしましょう。日焼け止め化粧品を利用し、肌に紫外線を入り込まないようにしましょう。残念ながら、日焼け止め化粧品だけでは、100%紫外線をブロックする事はできません。UVカットの帽子や手袋、日傘などを使って紫外線に当たらない肌を作りましょう。半袖やノースリーブ、ホットパンツなど、肌の露出が大きい服装は、紫外線を浴びさせる服装と言っても過言ではありません。紫外線をブロックしたいのであれば、そういう服装もなるべく控える事も重要となります。ファッションを綺麗にする事も大事ですが、肌を綺麗にする事もとても大事です。ファッションは取り戻せますが、肌は取り戻す事に時間がかかります。綺麗な美白肌で、皆がうらやむような透き通った肌になりましょう。

老化による影響

年齢を重ねていくと、肌のターンオーバーや新陳代謝が悪くなっていきます。細胞の活性も、元気が無くなっていきます。体の色んな部分が弱く衰えていくと、メラニンの代謝が悪くなってしまいます。ほんの少し紫外線を浴びただけでも、メラニン色素を作る細胞が元気になり、メラニン色素をたくさん作り上げてしまうようになってしまいます。年齢とメラニン色素を作る細胞の元気さは、比例していると言っても良いでしょう。歳を取ってきたから仕方ないと思わず、年齢を増してきたからこそスキンケアを充実し、メラニン色素作る細胞の元気さに対抗しましょう。

ストレスによる影響

ストレスを溜めてしまうと、活性酸素が増えてしまいます。活性酸素が増えてしまうと、女性ホルモンのバランスが崩れてしまいます。女性ホルモンが乱れてしまうと、コルチゾールという成分を分泌させてしまい、その成分がシミになる原因です。ストレスを溜めないという事は、活性酸素を増やさないという事になります。しかし、ストレスを溜めないという事は、現実社会の中ではありえない事です。ストレスを溜めこまないようにする事が、重要になります。適度なストレス発散をし、体にもお肌にも良い影響を与えましょう。